小泉 今日子(こいずみ きょうこ、1966年2月4日 - )は、日本の女優、歌手、80年代アイドル。制作事務所「株式会社明後日」代表取締役。身長153cm。血液型O型。アイドルとしては松田聖子と中森明菜の2強に続いた存在であり、歌手としては筒美京平や馬飼野康二の作曲した作品でヒットを連発した。KYO
100キロバイト (9,603 語) - 2020年4月12日 (日) 02:03



(出典 amd.c.yimg.jp)


大分、落ち着きましたね

1 名無しさん@おーぷん :20/05/22(金)09:51:08

※ファンの間でも厳しい議論! 小泉今日子、きゃりーぱみゅぱみゅ…芸能人「政治発言」の行方
元文春エース記者 竜太郎が見た!
2020.5.19

 検察官の定年を65歳に引き上げる法改正案に反対する声が高まり、
ツイッターでハッシュタグ「#検察庁法改正案に抗議します」をつけた
抗議の投稿が600万件以上という社会現象となっている。芸能人から
も多くの声があがり、代表格の小泉今日子(54)は委員会審議が始まる
前に抗議投稿を7連発。報道番組の取材にこんなメッセージを出した。

 「政治について発言したのは、選挙には行くけれど政治に対して無関心
という立場でいた私達が作ってしまった現実を突きつけられたような気が
したからです。ずっと違和感や不信感を抱いていたけれど、その問題を
後回しにしていた」

 小泉以外にも井浦新、浅野忠信、西郷輝彦、高田延彦、宮本亞門、
綾小路翔、ラサール石井、大久保佳代子(オアシズ)、城田優、秋元才加、
岸田繁(くるり)、水野良樹(いきものがかり)、大谷ノブ彦(ダイノジ)
らが表明。

 なかでも523万のフォロワーを持つきゃりーぱみゅぱみゅ(27)
げいがツイートしたことは、若者を一気に呼び寄せた。(略)

 憲法で言論の自由が保障されているのは言わずもがな、芸能人も国民
のひとり、公共の福祉に反しない限り、当然発言は許されるべきだ。
検察庁法改正以前の問題として、同調圧力が強く組織や慣例に従いがちな
日本で、影響力を持つ芸能人が“責任を持った個人”として発言するのは
好ましいことである。

 「コマーシャルを抱えている芸能人は、不特定多数の大衆に商品を売る、
そのイメージを売っているので、政治的主張が強い芸能人は一般的に
スポンサーが敬遠する傾向にある。今回賛同した芸能人がそこまでの
覚悟を持って主張しているのか、それも見極めたい」(大手広告代理店
幹部社員)

つづき→https://www.zakzak.co.jp/ent/news/200519/enn2005190006-n2.html