no title

大竹 しのぶ(おおたけ しのぶ、1957年〈昭和32年〉7月17日 - )は、日本の女優・タレント・歌手。 東京都出身。東京都立小岩高等学校卒業、桐朋学園大学短期大学部演劇専攻科中退。IMALUは明石家さんまとの娘。 東京都に一男四女の三女として生まれる。1911年(明治44年)11月28日生まれ…
117キロバイト (18,527 語) - 2024年4月6日 (土) 01:58
大竹しのぶさんと明石家さんまさんの共演、27年ぶりとは驚きですね。どんな化学反応が生まれるのか、楽しみにしています。

1 征夷大将軍 ★ :2024/04/13(土) 08:24:44.56 ID:a5/LGsG69
オリコン2024-04-13 05:30
https://www.oricon.co.jp/news/2322633/

お笑い芸人・明石家さんまが主演を務める、27日放送のフジテレビ系ドラマ『心はロンリー 気持ちは「・・・」FINAL』(後9:00)に、大竹しのぶが出演することが13日、発表された。さんまとのドラマ共演は、約27年ぶりとなる。

『心はロンリー 気持ちは「・・・」』とは、さんまが主演を務め、三宅恵介氏をはじめとする『オレたちひょうきん族』(1981~1989年/フジテレビ系)の制作スタッフ、そして、後に『踊る大捜査線』シリーズ(1997年ほか/フジテレビ系)や『教場』シリーズ(2020年ほか/フジテレビ系)などの脚本を手がける君塚良一氏とタッグを組んで作り上げた、一大ギャグドラマ。シリアスな物語の中に、たくさんのナンセンスな笑いを散りばめた、遊び心満載の異色作として、84年から2003年にかけて、11本が制作されたヒットシリーズ。

前作から21年ぶりに復活を遂げる最新第12作が、『心はロンリー 気持ちは「・・・」FINAL』。総合演出=三宅恵介、脚本=君塚良一、ギャグ考案=大岩賞介、藤沢めぐみ、杉本高文(明石家さんま)という盤石の制作陣で届ける。今回描かれるのは、さんま演じるベテラン刑事・轟木竜二を主人公に据えた人間ドラマ。定年を間近に控え、“最後の事件”に立ち向かう轟木と、その家族の物語が情感豊かにつづられていく。川口春奈は轟木の一人娘として登場する。

大竹が『心はロンリー』シリーズに出演するのは、今作で4回目となる。初出演となった『心はロンリー 気持ちは「・・・」IV』(1986年9月)では、同年夏、さんまと大竹が初共演して一大ブームを巻き起こしたドラマ『男女7人夏物語』(1986年7月/TBS系)で自身が演じていた“神埼桃子”として登場。2回目の『心はロンリー 気持ちは「・・・」VII』(1988年5月)では、窓の外から顔をのぞかせる“熊”の役でサプライズ出演(着ぐるみ姿で顔も見えないまま、さんまと芝居を繰り広げ、エンディングで着ぐるみを*ネタばらし、という展開だった)。

そして3回目の『心はロンリー 気持ちは「・・・」X』(1997年8月)では、さんま演じる主人公の前に、幻影となって現れる“亡き妻”の役を演じた。毎回、意表を突く設定で登場し、視聴者を驚かせてきた大竹だが、果たして、今回の『FINAL』では、一体どのような役を演じるのか…それは放送で明らかに!

なお、さんまと大竹の2人は、2014年7月の『FNS27時間テレビ』内で放送されたスペシャルドラマ『俺たちに明日はある』に出演しているが、この作品ではそれぞれ別のシーンに登場しているため、本格的なドラマ共演は、1997年8月の『心はロンリー 気持ちは「・・・」X』以来となる。総合演出の三宅恵介いわく「さんまさんの“ドキュメントドラマ”でもある」という、『心はロンリー 気持ちは「・・・」FINAL』。そんな歴史的な作品の中で、さんまと大竹の2人がどのようなやりとりを繰り広げてみせるのか、期待は高まるばかりだ。

■大竹しのぶ
――本作に出演することが決まったときの率直な心境をお聞かせください。
「あの『心はロンリー 気持ちは「・・・」』をまた作ることができるなんて、さんまさんは本当に幸せだろうなと思いました」

――今回の撮影中、印象に残っている出来事があればお教えください。
「やはり、三宅(恵介)さんとまた現場で出会えたことです。全く変わっていないところ、そしてさんまさんとのお2人の関係がすてきでした」

――明石家さんまさんと、トーク番組などではなく“お芝居”で共演するということで、特に心掛けたこと、意識されたことはありますか?
「常に意識していたわけではありませんが(トークの場合は流れを意識しますが)、緊張感やテンションの高さは、ある程度意識しました。でも最終的な流れは、さんまさんに任せました」

――ずばり、“俳優・明石家さんま”の魅力とは?
「たぶん皆さんが思っているより、かなり真剣です」

――本作の放送を楽しみにしている視聴者の皆様へ、メッセージをお願いします。
「本当に分かる人にしか、見つけられた人にしか分からないギャグが、今回もたくさんあると思うので、クスッとした笑いや発見を楽しんでいただけたらと思います」







2 名無しさん@恐縮です :2024/04/13(土) 08:26:14.44 ID:oc1017N50
タイトルが80年代臭すごい
でもそれがたまらなく良い

3 名無しさん@恐縮です :2024/04/13(土) 08:26:34.18 ID:/poxvfYp0
しょっちゅう共演してるから
レア感まるでないな

4 警備員[Lv.7][苗] :2024/04/13(土) 08:26:37.93 ID:96WyH12Y0
楽しみにしてる人いるんか

18 名無しさん@恐縮です :2024/04/13(土) 09:00:20.61 ID:vvZQeEHq0
>>4
今も通用するかどうか見物やね
まあ恐らくは三宅恵介フジ卒業記念作品やろ

21 名無しさん@恐縮です :2024/04/13(土) 09:04:45.30 ID:KDZOerQ50
>>18
定年退職の花道だっつってさんまメイン27時間の総合演出やったのもう何年前よw
まだ現場にいたんかい!

22 名無しさん@恐縮です :2024/04/13(土) 09:07:35.08 ID:6iTw10RC0
>>21
あれはさんまへの騙し
今回は本当に卒業じゃないかな
千代田企画の社長もしているし

5 名無しさん@恐縮です :2024/04/13(土) 08:30:43.40 ID:tIKpTqY70
心はロンリーはドラマの進行とは別に何の関係もないへんなのが画面の脇とかにうつるのがおもしろい

9 名無しさん@恐縮です :2024/04/13(土) 08:35:21.31 ID:Ato+xmh10
東京五輪閉会式の醜態を気にせずメディアに出る根性は理解できない

10 名無しさん@恐縮です :2024/04/13(土) 08:37:22.34 ID:LnLzoLa50
さんまは本当に元気やな…
尿検査したら、何か出て来るんじゃね?

11 名無しさん@恐縮です :2024/04/13(土) 08:40:43.79 ID:TIb/WmVx0
舌、回ってないでしょ。
昔からだけど。

たけしみたいにならないように。
あれ、酷かったから。

13 名無しさん@恐縮です :2024/04/13(土) 08:44:38.67 ID:UXOCgiOd0
心と気持ちの違いは何なんだ

15 名無しさん@恐縮です :2024/04/13(土) 08:47:19.14 ID:HEpPSev50
畑が違う環境じゃ空気読めるんだな

17 名無しさん@恐縮です :2024/04/13(土) 08:50:05.87 ID:Nvn/zhFE0
自分が出た感想より、さんまがロンリーを作ることが出来た事を真っ先に言うのはさすがだな